So-net無料ブログ作成
検索選択

Googleのプロジェクト10100 の投票がはじまりました/Build real-time, user-reported news service [tsudoi.jp]

以前、TSUDOIのコンセプトを提案した「プロジェクト 10100」投票がはじまりました。(メールがきました)  

どの案もいいアイデアですね。 

以前僕がエントリした内容と重なるところがあるので、他のかたのエントリとミックスされたのかもしれませんね。同じことを考えている人は少なくないですから。 私は下記に投票しました。

ユーザーをレポーターとするリアルタイム ニュース サービスを提供する

その他

ユーザーが地域の情報をタイムリーにレポートできるよう支援します。地域情報の提供というテーマのもとに、リアルタイム ニュース(火事、自然災害、交通事故)、携帯端末による人々の健康状態の追跡、凶悪犯罪、自然災害、救急医療機関に関する情報の提供など、さまざまな情報を対象としたアイデアが寄せられています。このアイデアを実現するためには、地域の重要イベントから世界的な重大ニュースまで、身の回りで起きた出来事を一般市民が簡単にレポートするためのシステムを開発する必要があります。

このアイデアの基になった提案

  1. ユーザーから寄せられたニュースを専門に配信する通信社を設立する
  2. 視聴者が現在いる場所を特定し、その近隣の地域や都市で今何が起こっているかを表示できるニュース機能を提供する
  3. 個人、家族、地域、世界のニュースを誰もが動画やテキストで投稿できるインターネット ベースのニュース チャンネルを設立する

この「視聴者が現在いる場所を特定し、その近隣の地域や都市で今何が起こっているかを表示できるニュース機能を提供する」はTSUDOIの仕組みを進化させれば実現します。ああ僕にもGoogle位の力があればなあ。
 Google様ぜひ、私にやらせてください。英語でも仕切れます。
10万~50万ドル(開発費のみ)で情報の信頼性を担保しつつ柔軟性のあるシンプルなセカイ対応のシステムができて、Googleのネームバリューで普及できます。

現在のGoogleのサービスを少し手を加え組み合わせても、実現は容易いです。具体的にはGoogleCalenderに座標機能を組み込みその情報を一般公開します。その情報がGoogleMap上で一覧で見えるようにします。

例えばお台場の各施設、デックス東京、アクアシティ、ホテル、船の科学館、科学未来館、大江戸温泉、ビーナスフォート、MegaWeb、東京カルチャーカルチャー、リスーピア、 ビックサイトが今日のスケジュールを座標付で公開すると「今何が起こってるか」が簡単にわかるのです。

例 お台場と沖縄市

銀座であればデパート等がそれぞれ「今日の催し」「タイムセール」「本のサイン会」「舞台挨拶」「ニューオープン」を公開し、その情報がまとめて駅に設置されているデジタルサイネージなどで表示できれば集客につながるでしょう。
医療機関ならば「今日空きのベッド数」、「今夜夜間診療の専門医の人数」などが公開されれば救急車でなくてもタクシーで治療が受けられる病院に直行できます。

世界中でこういう使い方が一般的になったら、楽しいことも災害も共有できるようになると思っています。

懸念すべき点としてその情報が正しいのか、ガセなのか確認する手段ですが、報告者は必ず実名、または実在する法人でなければならないというルールを定めることでかなり信頼性が保てるでしょう。

また、多用途で使えるサービスというのは必ず反社会的な解釈のもとに利用されてしまうので、コントロールできる仕様を定めたり、見本を示す必要があります。

その他実現までに様々な問題が出てくるでしょうが、ITリテラシが低い層にも便利さが伝わるのでキャズムは超えることができるはずです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

東京シーサイドストーリー10月号が出ました! [tsudoi.jp]

ああ、もう10月ですね。TSUDOIが連携している東京シーサイドストーリーが配布されました!

sss.JPG

デックス東京ビーチでは、楽しい携帯クーポンサービス「みせポン!タッチャン」が導入されました。
デックス内で利用者登録するとお得なサービスが受けられます。今ならハワイ旅行などが当たるキャンペーン中です。
タッチャンについての情報はこちら

みせ.JPG

みせ.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

地域メディアの成功例を(数の割に)あまり見ない理由 [リサーチ]

知っている人は知っているガ島通信 藤代裕之さんにあったことがあるので久々に読んでみた。共感できる考えがかなりあったので下記の記事を紹介する。

メディアは魔法の杖ではない、地域メディア実践者の「もやもや」した議論から見えてくるもの

様々なメディアをつかって「地域」の問題を解決しようと頑張っているという話なのだが。

結論から言うと、日本人の半分くらいは

  • 地域に興味を持っていない。
  • 社会やコミュニティに期待していない。
  • 現状に満足している/諦めている。
  • 求めることは多くても与えることは少ない。
  • 人との深い関わりを求めていない
  • 便利、安心、無料でもいらない。
  • 新たなことに取り組まない。

というのが僕が地域に関わって悟ったことだ。
あと、メディアもな〜んか整っているが魅力が薄いことも問題。市役所のHPや市報は特に「見なくてもいいよ」と言った感じを受ける。

地域情報サイト、紙メディアなどをチェックしまくり、どこで何が行われているを整理すると色んなことが行われていることがわかり、実際参加したり、足を運んでみると半分くらいは、満足に楽しめる催しだった。
休日子供と近所を散歩してるだけでも色んな催しに遭遇することも少なくないのだが。

幸せを探し求めれば見つかるのに、最初から諦めていて探そうともしない。

といいますか老人も含めてどの世代でも「与えられることが当然」と思っている人が多いのである。その層は耳元まで行って判るまで丁寧に教えてあげるか、「この情報/サイトを見ないと大損しますよ」ぐらい強力なチカラが必要なのである。

選挙権を持つ人になら「投票行くと住民税3ヶ月分免除されますよ」くらいの判りやすい損得で地域を意識させる。

現代は確実に、「マス」は効果がない。特に生活圏では。 多様化が許されている時代なので「マス」はもう無理と感じる。
でもね、同じエリア、同じ時代に生きてるわけなので、地域の人だけでも同じものを食べたり見たり体験したりして思い出や経験を共有したほうが生きてて楽しいよ。←(これが地域メディアで意識しなければいけないところ。)

つながっていないことは非常に危険であって、災害や犯罪に巻き込まれた時だけでなく、誰も教えてくれなかったから「知らない」状態も同じようにまずい(ゴミ捨てのルールが変わった等)はずなのであるがまた、自分の命は自分で守るべきなのだが、受け身が当前になっている人は誰かに助けてもらってあたりまえなのである。たとえ孤立していても、それは自分のせいではなく他人のせい社会のせいと考えてしまっている。2011年アナログ放送終了の告知もそういう層のためにしつこくやってると思うとやるせない。

こういう輩には理屈抜きの楽しいオモロい催しを見せて、「なんでこの人らはあんなに幸せそうなんだろう」と思わせるのが第一歩なのである。

つながりや一体感を求めようという意識、間違ってはいないのだが、地域に、活動している人々に「幸せ感」が漂ってるか?感じられるか?見えるか?伝えようとしているかって問いたい。 

さびれたような田舎の集落でも、“箒で掃いたあとが残る道を歩く”と 知らない地元の人に「こんにちわ」って言いたくなる感覚もその一種だなあ。(わかりにくいですかね)
王将餃子をつまんでタレに付け口に運び「んっま[るんるん]」と幸せそうにコメントするお笑い芸人の映像に優るPRはない。

地域メディア実践者のメディアを見ない人に対する「利害」の意識 も幸せ感を薄くしているのではないかと思う。一体感や連携に必要性を説くべきじゃない。

西東京市のタウンミーティングで、「私は平和活動をやっているが人が集まらない。大切なことなので市は協力的になってほしい(PRしてほしい)」と訴えている人がいたが、その戦争の話を聞く集会を積極的に行きたいと思えなかったんだよな。
僕の伯母は、「幸せや。ホンマに自分は幸せやで」と言っている。幸せな理由を聞くと必ず「満州に行ったり空襲を乗り越えてきたからこそそう思うんや」とそういう意外性でついつい興味深く聞いてしまう。

地域の人々がメディアを使って情報発信するだけで評価される時代は終わり、目的のためにどんなメディアを設計するのか、人々がつながるためには具体的に何が必要となるのかが問われることになるでしょう(つながらなくてもいいという議論もあるかもしれないが…)。

ネットでも、紙でもリアルでも楽しいことを続ける。個を認め尊重することとか、楽しいことを楽しく伝えることが地域メディアに必要かなと思う。自己主張したいだけに見えることもある。

市内の清掃活動、なんか良かったんだよな。 チラシ配りまくりや地域メディア、ネット上のあらゆる掲載もやったけど結局人を多く集めたのは人徳ある人の呼びかけだった。←(しかしながらメディアでももっとスゴい仕掛けができると思ってます)個人でも清掃したことがあるが、大人数でやったほうが楽しさ倍増。

論理的な人や立場でものを語る人にはわかり難いことであったり、なんでうまくいかないんだろうと悩むところが、「多くの庶民は感情や目先の損得で動く」という事実。

地域活動や地域メディアが、地域の活性を目的にしているといいながら、「どういう状態が地域が活性しているか?」が定義されないままスタートすることもありがちで、活動による結果の満足度がまちまちになってしまう。メイン通りと裏通りに面している商店なら集客減の深刻さも違うように。

あと、地域情報を得ることによって「発見」の先に「感動」が実際あるのですが、大手ポータルでも、地域サイトやSNSでも、それを伝え切れていない。感動へつながるアプローチも工夫されていない。(感動例:行って良かった住んで良かった勇気がもらえた最高の体験ができた美味すぎるかりんとうで泣いた困っていたとき親切にしてもらえた最高に美しい花が咲いていた)

結論:メディアにせよ、イベントにせよ楽しげに表現PRし、楽しくやることがうまく行くコツですな。(しかめっ面な人。怒ってる人、泣いてる人には近寄りがたいでしょ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Yahoo地域情報の弱点 [リサーチ]

Yahoo地域情報の弱点を見つけた。

場所 「台場」 キーワード 「イベント」で検索したら 浦安渋谷のイベントが混在して出てきた。 これって作る側としては自分で毎日使いたいサービスになっていないんじゃないか。 

台場駅周辺のイベントで検索した結果 - Yahoo!地域情報.png


ソフトウエア会社で勤務していた時「自分で使わないようなソフトは売るな」って叫び続けていたなあ。

こちらも他社のことあまり言えませんが。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台場でガンダム解体や花やビーナスフォートなどを見る [tsudoi.jp]

先週金曜日 東京シーサイドストーリー版(ASPサービス) の打合せで台場に行きました。台場のイベントは携帯http://m.tsudoi.jp/seaside/ でご覧ください。QRコード→

 3173392

東京ベイスタジオのガラス張りのスタジオで通行人に見られながらのミーティングです。内容は秘密です。

終わってからいつものようにガンダム見物に行きました。

3173386

足だけになってました。

酒井法子が勾留されている湾岸署を横目に科学未来館に向かい恩返しで営業をしました。好感触!

改装予定のビーナスフォートへ歩いて向かいます。ゆりかもめのコースは台場では微妙で駅まで行くか、歩いて各施設を回るべきか労力と時間が同じくらいです。コスト削減のために今回は歩きです。

3173387 花畑がきれいでした。ススキも風情があって良いです。

3173388 マイケルジャクソングッズの即売会などが繰り広げられていました。31733893173390

 3173391メガウェブではトヨタのロボットがおりました。

2009−09− 15の台場のイベントは下記のとおりです。

ニブンノゴ!宮地×ザ・パンチ松尾!!“つっこみの話”VOL.2~ゲスト・2丁拳銃修士
LIVE HOUSE TOUR 2009:木村カエラ
「ブライス」展:ビーナスフォート
マイケル・ジャクソン コンベンション:ビーナスフォート
居酒屋えぐざいる登場
パレットタウンのハローキティ観覧車
勢古宗昭 海洋画展
わくわく水の探検スタンプラリー
企画展「PATTERN RECOGNITION ~パターン認識 ものを捉えるサイエ ンス~」
クワクボリョウタ:微笑みトランジスタ
1964年にタイムスリップ!!オリンピック東京大会展

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

かしの たかひと(樫野孝人)氏の選挙活動 情熱×人+ICT=つながり力 [お役立ち]

情熱仕掛人 かしの たかひと 「神戸は変わる。」www.kashino.net
2009年10月の神戸市長選に立候補しているかしの たかひと(樫野孝人)氏を、つどいプロジェクトの松本は個人的に応援しています。(世話になりましたので

具体的には本サービスTSUDOIを使って、日々の駅頭演説の場所を携帯で地図付きで伝えているのです。(後援会には了承を得ています)tss.JPG

神戸にお住まいのかた、神戸付近を通りがかる方は 

  1. [phone to]携帯からhttp://m.tsudoi.jpアクセスし、(右のQRコード)
  2. 「現在地送信」ボタンを押すと、(もっとつかいかた
  3. 今日の何時、どこで樫野氏が演説を行っているのかがわかります。

名称未設定イメージ.jpg

もし近くであれば行ってライブな演説をぜひ聞いてくださいね。[耳] 写真撮影も歓迎です。[カメラ]

当日以外の日程は 情熱仕掛人 かしの たかひと 「神戸は変わる。」www.kashino.net をご覧ください。
またはhttp://tsudoi.jpで神戸の地図を開いて、カレンダー操作してみてください。

9月24日演説の「西神南駅」ってどこやねんって驚きましたよ。神戸市メチャ広いですよ。それと人口150万人!の人生預かるわけなので決断するのに時間かかりますわ。

----------------------------

樫野さんはビラ配布、駅頭演説という一般的な選挙活動に加え、Webサイト、携帯サイト、メール配信、YouTube、 オバマ大統領選でも活躍したと言われているTwitterなどをつかっています。

実は上記の通信技術をつかったPR方法は、原価ベースで10万〜50万でできるのです。(サイト制作人権費等)
ビラなどを反対に禁止にすればもっと選挙や政治活動にお金をかけずに、そして圧倒的なメッセージ量を伝えることができるのですが。

話はかわりますがインターネットを分かっているひとなら、SEO、SCMが甘いなどツッコミどころに気がついているかもしれません。日本最大級のインタラクティブエージェンシーの元社長の割にどうなのよ? って不審に思うかもしれません。もっとメディアを駆使しお金をかけたPR活動なんでしないの?と物足りないでしょう。

スタッフは純粋に樫野さんを応援したい人だけが集まっているようです。 名称未設定イメージ 1.jpg

フェアなやりかた、そしてお金をかけない選挙活動を実践しているのでしょう。

かしのたかひと mixiはこちら

しかしですね、IMJではどんな感じで人を生かしていたかと言うと、一例ですが事業部長クラスの人に秘書を1人割り当ててました。かつて僕はドコモなどにもいたことがあったのですが、そんな贅沢な人のつかいかたをしている会社はありませんでした。取締役に2人に1人やっと付くくらいでした。なぜそういうやり方をしているか働いていてたまたまわかったのですが、秘書のかたは重要文書作成まで手がけ2人三脚で本来一人で2人分こなす仕事を2人で(推定)5人分程度こなしているのです。
実際かしのさんは、子会社の社長でもあり映画「女の子ものがたり」のプロデューサであり、OKWaveの取締役(社外)であったりしています。
秘書役はスケジュール管理はもちろん今やっている仕事が全て頭の中に入っていてツーカーのようでしたね。

会社全体は外部から受ける仕事はメンバー内で機密を守りながらもシェアされており、何よりも活気があって、一人ひとりが全体を意識していました。

互いに信頼できる組織というのがとても印象的でした。(樫野さんのプリンタは壊れそうに古かったです。)市役所から市全体まで生き生きしてきますよ。

 -----------------------

つどいプロジェクトは過去に西東京市、東京周辺でボランティア団体、観光団体、文化芸術団体等、市民中心の活動を応援し、集客に2割増程度の効果を出してきました。 → 日本中で使う例 
(現在は諸事情でお台場、沖縄市等)

社会制度が不安な時勢なので、選挙演説を聴きたい人も少なくないだろうがどこで聴けるのかわからん。
だからといってわざわざ立候補者にTELしてどこでアンタの話が聴けるの? と問い合わせる人もいないだろうな。

だから演説を聞いて欲しい人、聴きたい人をつなげる目的にもTSUDOIを使ってほしいと考えていました。

樫野さんの立候補でTSUDOIのこういう使いかたが実現できて嬉しく思っています。

対立候補の矢田氏(現市長)陣営から掲載の依頼があれば掲載します。両方の演説を聞いて投票してくださいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

TSUDOI,Yahooカテゴリに載りました [tsudoi.jp]

東京シーサイドストーリーに続き、TSUDOI日本版(携帯版)も、ヤフーカテゴリに載せていただけることになりました。(早く気がつくべきでした。しつこく申請するべきでした)

Yahooカテゴリへ  シミュレータはこちら PC版(全国版)TSUDOIはこちら

Yahoo!カテゴリ - モバイル版(iモード) - tsudoi.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo!カテゴリ - モバイル版(iモード) - 地図.png

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

「ユビキタス特区」事業に係る委託先候補の選に漏れる [tsudoi.jp]

知り合いからメールをもらって、

『ICT経済・地域活性化基盤確立事業(「ユビキタス特区」事業)』に係る委託先候補の決定

が公表されていることを知りました。

かなり気合いを入れて応募したのですがダメでした。

こういうことはもっとうまくやらないといけない。

指南いただいたS社のプロジェクトは採択されていました。

運営委員会の設立や識者の参加など、エントリーフォームに沿った方法でやるべきだったかもしれません。

しかしながら、当面の資金が欲しかっただけなので、膨大な書類作成義務が減ったと思うことにします。

とはいっても支援支持してくれている皆様には申し訳ないです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

防災週間/災害用伝言板 [tsudoi.jp]

防災週間

8月30日~9月5日は防災週間です。日本は地理的・自然的条件から、地震や大雨、台風などの自然災害が発生しやすい国です。災害による被害を最小限にとどめ、生活の安全・安心を守るためには、国民一人一人や企業などが自ら守る「自助」、地域コミュニティなどが協力して行う「共助」、国や地方公共団体による「公助」の連携が不可欠です。社会全体の防災力を向上させるには、住宅・建築物の耐震化や防災まちづくり、企業防災など、各個人や地域コミュニティで日ごろから防災対策を進めていくことが重要です。また、災害時の安否確認の手段として、災害用伝言ダイヤル・災害用伝言板の利用の仕方なども覚えておきましょう。

ということですが、最近では「減災」という動きがあります。防災は防ぎようがある災難に対する取り組みですが、防ぎようがない自然災害が多いため、いかに災いを減らすかという視点で取り組むものです。災害用伝言板も浸透していないのが現実です。

災害ボランティアに参加した体験から生み出した、より実践的な減災の仕組みをぜひ導入ください。

現在、日本中で様々な防災対策が採られています。市役所ホームページでの通知、メールサービス。
情報機器を持たない人向けには防災無線を使って公営放送、戸別防災ラジオの手段もあります。

これらの方法も有効ですが、TSUDOIを使うと国民の大部分が利用する携帯電話で、市内住民だけでなく、近隣の市町村、たまたま近くに来ている人に随時、危険情報や災害の現状また、救援ボランティア情報などを広く的確に伝えることができます。
※防災メールと併用して使うとより効果的です。

TSUDOIで実現する減災対策

都道府県、市町村のホームページを見ると、地震、火山、台風、水害などの状況を伝えるサービスが別々になっていることが少なくありません。TSUDOIではそれらの情報をすべて一つのサービス上で伝えることができコスト削減を実現します。

 


今すぐ試すことができます。

 
http://m.tsudoi.jp

ドコモ、au、ソフトバンク対応

都道府県、自治体の皆様にご提案

自治体の災害情報伝達のサブシステムとしてもご利用ください。TSUDOIのサーバは震度6レベルの耐震設備、最大級のネットワークを利用しています。
電話問い合せを減らすことにつながり、二次災害対策につなぐことができます。
災害時、市町村のホームページサーバがダウンした場合の対策としてもご検討ください。近隣の市町村と共同利用することでより密な連携が可能になり情報の混乱を回避できます。

他のICTサービスとの違い

  • 市のメールサービスに登録していない人でも使えます。
    http://m.tsudoi.jp携帯で開けば2回ボタン操作で周辺の情報を見ることができます。詳しくはこちら
  • 情報登録は文字入力ができる人であれば2分で情報発信が可能。詳しくはこちら。
  • 24時間体制
    情報発信に不慣れな自治体職員のかたのお手伝い(サポート)も可能です。災害時の情報収集、情報更新や伝達について連携や統制までを協働または代行します。災害対策の現場や統制の場で培った復旧までの連絡体制網を行政、公共組織(消防、警察、その他)、民間組織への伝達と記録を実施します。
  • 今すぐ!
    後ろ手にまわりがちな災害対策ですが、”次回から” ではなく、危機的状況になってから、または発生後、連絡ください。TSUDOIで災害発生現場を市民や周辺住民に知らせることができます。
  • 災害時にはすぐご連絡ください。無償でサービス提供いたします。(24時間サポートは別途)

風評被害防止に

終息の情報を伝えることで、昨今問題になっている「風評被害」を防ぐことにつながり、観光客減の経済損失も防ぐことにもつながります。

パソコンでも

災害の情報はパソコンでも確認できます。より広く具体的な情報を伝えることにより防災/救援活動の早い対策ができます。

 

 

 

平時の積極活用をお薦めします

市内小中学校の運動会などが天候により開催が微妙な場合に周知するのに使うことで段階的な浸透を図ることができます。また、地域交流や観光の集客に使うことで、災害時にも慌てず正しい情報を伝え/知ることが可能になります。 事例はこちら。

 参考

携帯版TSUDOI.JP

つかいかた(ケータイ版)

災害現場でTSUDOIをつかう

TSUDOIは災害発生時に役立ちます

お問い合わせ

つどいプロジェクト事務局
  supports@tsudoi.jp (←@はスパム対策で全角にしています。半角に直して送信ください。)

http://www.tsudoi.jp/gensai

-----------------------------------------------------------------------------------

今日、市内の防災訓練に行ってみました。NTTの171を試してみましたがメッセージ登録の方法が非常にまどろっこしい気がしました。そういうときこそ落ち着いて確実なメッセージを伝える必要があるという考えという狙いは見えます。吹き込むメッセージの例などがあれば気づきがあったかもしれませんが、単なる「仕組みを作りました!」というPRにしか見えてこなかったのが残念です。

デモンストレーションなどがありましたが来賓席からは何がやっているのかは分かりましたが一般市民席からは、レスキュー部隊等がどういう動きをしているのか全く見えずどうしたものかなと思える場面が幾つもありました。

参加賞のLEDライトは光量バッチリでツカエルものでお得な気分です。今夜のウオーキングで使わせていただきました。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。